オーケストラの作曲

 原です。

 ここのところオーケストラ曲の作曲に力を注いでいる。
 ソロ・フルートをオーケストラに伴奏させる、いわゆるまあフルート・コンチェルトです。

 今回は既成の語法とか、自分で作った枠組みとかに全く頼らないで書いている。

 例えば料理を作るのに、カレーとか餃子、みたいに既にあるものをおいしく作るというのではなく、全く今まで存在していない料理調味料とかまで含め一から作るような感じ?いやでもちょっと違うか。
 音楽には時間の進行があるから。時間を統御しなければならない。
 
 こういうのを作っている時はなんだか、宇宙遊泳をして月までたどり着こうとしているような、はたまた地図やコンパスもなく砂漠や樹海をさまよっているような感覚。

 なかなか辛い。けど、そうしようと決めたのだから仕方ない。
 これはチャレンジ。

 こんな苦労しても、もちろん作品の良し悪しには、それは一切関係ない。
 既成の語法を借用した完成度の高いものに簡単に負けたりする。でもいい。うまいカレーをつくることにやや飽きてしまったのだ。

 たまにはこういう作曲もいいと思う。1年中はとてもできなけど。

 それでは。

この記事へのコメント