中田の引退

 原です。

 非常に悲しいことが起きてしまい、途方にくれております。
 この間、ここに中田のことを書いたばかりでした。


 このブログは基本的に音楽のことを書く場と自分では思っております。
 それはやはり、自分は音楽のことでのみ、人に読まれるに足ることを書ける、というように思っているからです。

 しかし昨日起きたことについては書かずにはいられません。

 彼は自分の中ではいちサッカー選手を超える影響力を持った人間でした。
 僕はサッカーが大好きですが、彼のプレーを観る時は、それを超えた何かをそこに見てもいました。

 うーん、書かずにはいられない、と言いながら、あまり書くことがありません。
 昨日から感じているものをいまだ言語化できません。


 昨日はそれを知ってからというもの、貪るようにありとあらゆるWEB記事、テレビ番組をチェックしました。
 もちろんどの情報も似たようなものなのですが、ドラッグが切れた者のように情報を貪っていました。
 繰り返し、何度も引退声明の文章も読みました。

 そうこうして夜中になり、強い酒を少し飲みました。
 そして作曲中の曲に向かいました。


 自分は、何か落ち込むことがあった時には、特に作曲をするようにしています。
 というより、体が自然とそこに向います。
 その行為だけが、自分を救うことが出来るというふうに、体の底で感じているのだと思います。


 いちスポーツ選手の引退で、やや大げさかもしれませんね。しかし僕は今そんな感じです。

 それでは。

この記事へのコメント