Musical Silence 原 文雄のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アルバム制作のこと

<<   作成日時 : 2012/09/30 02:49  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 原です。

 前にも書いたが、元サンダルバッヂ同士の山野直人とのプロジェクトを進めている。
 仕事に追われながらも、空いた時間を使って少しづつ、しかし着実に前には進んではいる。

 これまでにこのプロジェクトの為の曲は相当な数を書いているが、二人ともが完全に納得できるもの以外、ボツにしながら曲作りしている。
 ボツになる理由はさまざまだが、多いのは「様式のつまらなさ」が最も多い理由だ。


 様式というものを形成するのは楽曲の構成感、部分の長さ、和声感、リズムや拍子、楽器のチョイス、全体的な音響、そして音楽の語り口などになる。
 もちろんこれの全ての要素が新しいということは難しい。それぞれの要素のバランスを考慮することもある。だがこれらを総合的に見て、二人のどちらかが、その曲が何かの様式に不用意に寄り添っているように感じられれば、ボツということだ。

 だからこのプロジェクトでは、あるアーティストや楽曲をリファレンスにする、ということは全くしてない。
 そもそも僕は人の音楽をリファレンスにして作るような作り方は習作でしかなく、作品にはなりえないと思っているし、好きじゃない。

 これらは口で言うのは非常に簡単だが、そんなに簡単な作業ではない。楽しくもあるが多少の苦痛も伴う。だがこれをやっていくことで、少しでも聞き手に新しい何かを届けられれば、と考えてそうしているし、自分達としてもそうじゃなければやる意味はない。

 だからもちろんこれらが、非常にポップなまとまった分かりやすいもの、になるとは考えにくい。
 しかし僕らはもう、ポっプな概念というものそのものが、そもそも存在しているか、ということにかなり疑問を持っている。
 だれもが知っているヒット曲をみんなが買って聴く、みたいな時代は、言うまでもなく、完全に終わっているのだから。


 新しくて面白い新鮮な音楽を求めている潜在的なリスナー、というのは僕は世界中にたくさんいるのだと思う。
 彼らはそれぞれに情報や音楽に自由にアクセスして、それぞれに楽しんでいるんだと思う。

 そういうリスナーに届くようになればいいなと、考えている。


 なんだかんだでまだまだ時間はかかると思うが、是非楽しみにしていてください。


 それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルバム制作のこと Musical Silence 原 文雄のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる