プラグインについて 〜その3 Waves

 今回はWavesについて書いていく。
 まあ私が書く必要のないほどの代表的なメーカーだが、まあ自分なりに書かせてもらいたい。


 まずこのメーカーで一番よく使うのは動作の軽い便利系のプラグインだ。

 一つずつ挙げていくが、まずはRCompか。
 このコンプはまず癖が少ないというか、それは超デジタルという感じでもなく、超アナログな感じでもない中間のものだということだ。
 結局そういうのは何にでも一番使えやすい。
 まあ自分の場合コンプによってトラックにダイナミクスのコントロールだけではなく何らかのテイストを入れたいという欲がある場合が多い。
 当然そういう場合はあまり出番はないが、二重にコンプを掛けたくてこれ以上テイストが入らないでほしい場合などはとてもいいし、歪みが入りやすいタイプの楽器、例えばピアノなんかそうだが、割と綺麗にピアノを聴かせたいが、他のコンプだとアタックタイムを早めにするとどうしても歪んでしまう、みたいな場合がある時に、このコンプに手が伸びる。
 つまりUADなどのハードウェアコンプ系じゃないな、という判断の時の最初の選択肢がRCompだということだ。
 まあ自分がめちゃくちゃ慣れているというのもある。それも大事だ。
 あと最近よくあるサイドチェインコンプをやる時には割と使うかもしれない。サイドチェインの場合は結構色んなコンプを試してノリが一番出るやつを選ぶ、ということも時間がある時はする。
 これの派生版のRVoxという歌用の簡易的なコンプがあるが、これもたまに使う。深く潰したいが、個性やテイストが強いコンプでは深く潰しすぎるとちょっときつい、という時に有効な気がする。あとこのコンプで潰していくと何というか独特の太さみたいなものが少し出てくるのだが、合うと思った時にそれを利用したりする場合がある。まあ基本的に、このコンプ1台という使い方はしないことが多いかもしれない。

 同じくダイナミクス形でいうとLシリーズは今だに結構使う。
 マスターリミッターは曲によってだがL3を選ぶことは全然ある。個人的にはL3の音の変化の質は比較的品がいいと思っている。現在でも十分リダクションを稼げる感じがするし、重要な選択肢の1つではある。
 またリダクションはそれほど多くしなくて良い場合で、とにかく音を変えたくない時はL2はよく使う。私的にはL2は1番音が変わらないリミッターな気がする。
 勿論沢山突っ込めば音は潰れてくるが、潰れる手前までなら、本当に音が変わらない。また動作が軽いのもとてもいい。

 またダイナミック系の流れで挙げれば、ダイナミックEQのF6はよく使っている。
 個人的にダイナミックEQは非常に好きで、かなりよく使うのだが、今はF6がそのファーストチョイスとなっている。
 まあ普通に効きも良いのだが、サイドチェインができるのもいい。歌ものの曲で、パッドやストリングス、ピアノなどが中央付近に居ざるを得ない場合、歌のかぶる周波数だけを、歌の信号でサイドチェインして引っ掛けて僅かにへこませる、というのもたまにやる。
 まあこの手のものは、味云々ではなくとにかく正確に効くところだけ効いてほしいタイプのものなので、Wavesなどはそれなりに得意なところだろう。

 あとはH-Delayはよく使う。まあディレイのファーストチョイスなのは間違いない。
 音がすごく好きと言うわけではないのだが、使い勝手が非常に良いのでつい手が伸びてしまう。
 まあディレイの音質にむちゃくちゃこだわりたい場合はUADのテープエコーなどのアナログ系のものとモジュレーション系を組み合わせて追い込んだり、またエコーの回数やタイム、パンなどを作り込みたければSuperTapやその他を使う、ということになる。

 他にはS1はかなり使う。
 これはDAWがDPだからというのもあるだろう。ProToolsの人とかはステレオチャンネルにパンのつまみが二つあるので狭めることができるが、DPの場合は無理なので、ステレオを狭めたい場合何かしらプラグインが必要だ。
 まあその他にも逆に広げたりLRを反対にしたり、なんだかんだでかなり挿さっていることが多い。
 特にエレクトロニクスなものの制作は、トラックがどれも全部ステレオ目一杯ということも多く、ステレオをかなり整理する必要がある場合が多い。そんな制作の場合は必要不可欠である。

 まあこれら挙げてきた便利系プラグインは、今だともっと色々なメーカーで便利で優れたものも沢山あるので、まあ追っかけていきたいところだが、今のところはWavesでやっている、という感じか。


 まああとはヴィンテージハードウェア系のプラグインだ。
 これにはAbbey Road というシリーズがあり、これらは全体的に良く出来ているものが多く、これまでのWavesのエミュレーションものからは想像できないくらい良い仕上がりになっている。

 Platesは非常に濃いめの仕上がりのプレートリヴァーブで、曲によってUADのEMT140と使いわけるくらいのクオリティだ。
 どちらかというとWavesのPlatesの方が濃いというか、ダークな感じがしている。

 REDDというチャンネルストリップは、まあ私は何となく17をよく使っているのだが、その歪みの質や、簡便なローとハイのシェルビングのEQの利き方が非常に音楽的というか自然で大好きで、ドラムバスとかにかなりよく挿す。
 何というか結構ブーストしてしまってもそれほど破綻しないというか良い感じで持ち上がってしまうような感じがある。
 もちろんドラムは各ピースごとでしっかり作り込むのだが、まとめたバス上でREDDで軽くローとハイをブーストし軽くドライブさせると全体がよくつながり、ドラムキットとしての勢いが出てくるし、何というか自然で良い結果になることも多い。

 RS56というパッシブEQもかなり使う頻度が高い。
 なんだか不思議なほど痛みを伴わずに、様々な帯域、特にハイが気持ちよくブーストできるプラグインだ。上げていくごとに少しずつ歪みが生じてくるのだが、その質も素晴らしく、うまく使えば非常に音楽的なものになる。
 私は生楽器、例えばヴォーカルやストリングス、ギター、ドラムなどのハイのブーストに使うことが多いような気がしている。

 ReelADTも歌ものではとても良く使う。
 これを使うようになり、他のダブリングするためのプラグインはあまり使わなくなってしまった。かと言って勿論生のダブリングはするが。
 まあ擬似的なダブリングものの中では、これは本当に使える。よくある、べったりとした平べったい感じになりにくい。

 その他J37というテープシュミレーターもたまに使う場合があるし、vinylというレコード盤のシミュレーターは、その必要がある場合なら非常に使えるプラグインだと思う。私も結構使う。

 総じてこのAbbey Roadシリーズは非常に質が高く、ただヴィンテージハードウェアをエミュレートしてると言うことではなくて、よく考えられた使えるもの、あるといいなというものをラインナップしてる。
 この辺はただひたすら質の高いハードウェアのシミュレーションを目指しているUADと違うところなのだと思う。利便性を常に考えて製品を作っているWevesらしい。


 その他のエミュレーション系では、Tape, Tubes & Transistorsというバンドルも割と長いこと愛用していた。

 HeliosのチャンネルストリップはUADやSlate Digitalを導入する前はドラムチャンネルには欠かせないほど愛用していたが、最近では出番がやや減ってしまった。まあでもそれなりには使ってもいる。

 これのPIEコンプもかなり好きなコンプだ。割とスネアに使うのが好きで今でもそれなりに使う。アタックはコントロールできないため合うか合わないかという感じになるが、合う時はいいスナップというかパンチが出る。
 個人的には、前述のHeliosと組み合わせて使うととても良い感じに仕上げやすかったように思う。同じ人間が監修しているので相性がいいのかもしれない。

 Kramer Tapeはかなり汚すような目的であれば、今でも音が合うなら結構使っている。
 質感を入れるためにバスに使うのは、現在では音質的にやや厳しいかもしれないが。


 やや漏らしたものもあるかもしれないし、所有しているWaves全てを網羅できるわけではないが、大体こんな感じだと思う。

 一応最後に触れると、Wavesは基本的には動作の確実性が高い。これはUADにも言えることだが。
 他社ではヴァージョンによって動作に影響があることも今までそれなりにあったが、WavesやUADでは殆どそういうことはない。これは特筆したい部分でもある。

 WavesはWUPのことを考えると、安いのか高いのか分からない面があるが、初期費用としては安いのは事実なので、基本的には必携なのは間違いないだろう。まあスタジオにWavesが一つもないというところを私は見たことがないし、デファクトスタンダードだという事は疑いない。

 まあこれ以上を求めるなら、それぞれの分野の専門性の高いプラグインを求めればいい。
 ただまあその自らの要求が必然的なものでなければ、そういうプラグインを使ったところで大した結果は得られないかもしれない。
 それくらいWavesはなんだかんだ良く出来ている。


 昔、5年前くらいか?あるスタジオでエンジニアさんが私の手掛けたもののミックスをしているのを後ろで見ていたが、その方は殆どのトラックのコンプにRCompを、EQにREQを使っていた。
 録り音はかなりよく、全てSSLの卓を通り、リバーヴは卓の480を使っていたと記憶しているが、その方は幾つかを除いて殆ど特別なプラグインを挿すこともなく、卓もほぼ通すだけ、そしてただ訥々と全てのトラックのRCompとREQを調整していた。
 あまりそういう人を見たことがなかったので、印象に残っているのだが、出来上がったミックスはかなり良かった。

 機材というのは使いこなせてなんぼで、またプロはそういう使いこなせている自分が信頼した機材を地道に使っていく人が結構多いと感じる。自分の手足のように使いこなせて初めてプロのスピードや質を出せるからだ。

 こういう時代は機材にとかく踊らされてしまう。情報にも踊らされてしまう。
 かと言って機材はどんどん技術革新をしていき、それを無視すればあっという間に自分が化石になる。
 どんなバランスがいいのか?難しいな。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント