ブラームスについて

 HPのほうにブラームスに関する文章を上げましたので、こちらに転載致します。どうぞ読んでください。 ●Brahms  ブラームスという作曲家はそれほど好きではない。  ここでは本来的には好きな音楽家について語るのだが、例外的に彼を取り上げたい。  それは私が彼の音楽を好きではないということの中に、自分自身においても、また恐らく他の人にとっても、様々な示唆やある種の真実が含まれてい…

続きを読む

レディオヘッドについて

 レディオヘッドを真剣に聴くようになったのは実は結構後になってのことだったりする。  私の周りの人達に聞くと、多くの人が、レディオヘッドに関心を持って聴いたのはOKコンピューターまでだと言う。というかそこまでがギリギリOKという感じだと。  つまりオルタナロックとしてのバンドの頃までなのだ。  私は90年のその多くを、クラシック、現代音楽、そして幾つかのジャズを聴き、学び、作る…

続きを読む

マーラーについて

 HPのほうにマーラーに関する文章を上げましたので、こちらに転載致します。どうぞ読んでください。 ●Mahler  マーラーという作曲家は、作曲を実際にやっている人の中では評価の割れる作曲家だと思う。  結局のところそれは、音楽に完成度や整合性を求めるか否かで割れてしまうのかもしれない。  もし音楽にそれらを高く求めるのであれば、マーラーはそのリストから除外されるのだろう…

続きを読む

赤松クニユキ 「クリームパン」の制作

 もうそれなりに前になってしまったが、サンダルバッヂで共に活動したヴォーカリスト、赤松クニユキのアルバム「クリームパン」の制作に参加した。  バンドにこだわってきた彼の、記念すべき最初のソロアルバムになった。  僕が担当したのは、ほぼすべての曲のアレンジと、レコーディングやミックスのディレクションである。  赤松の曲作りの良さやクセ、また歌詞で彼が表したいイメージ、というのは恐…

続きを読む