ブラームスについて

 HPのほうにブラームスに関する文章を上げましたので、こちらに転載致します。どうぞ読んでください。 ●Brahms  ブラームスという作曲家はそれほど好きではない。  ここでは本来的には好きな音楽家について語るのだが、例外的に彼を取り上げたい。  それは私が彼の音楽を好きではないということの中に、自分自身においても、また恐らく他の人にとっても、様々な示唆やある種の真実が含まれてい…

続きを読む

レディオヘッドについて

 レディオヘッドを真剣に聴くようになったのは実は結構後になってのことだったりする。  私の周りの人達に聞くと、多くの人が、レディオヘッドに関心を持って聴いたのはOKコンピューターまでだと言う。というかそこまでがギリギリOKという感じだと。  つまりオルタナロックとしてのバンドの頃までなのだ。  私は90年のその多くを、クラシック、現代音楽、そして幾つかのジャズを聴き、学び、作る…

続きを読む

マーラーについて

 HPのほうにマーラーに関する文章を上げましたので、こちらに転載致します。どうぞ読んでください。 ●Mahler  マーラーという作曲家は、作曲を実際にやっている人の中では評価の割れる作曲家だと思う。  結局のところそれは、音楽に完成度や整合性を求めるか否かで割れてしまうのかもしれない。  もし音楽にそれらを高く求めるのであれば、マーラーはそのリストから除外されるのだろう…

続きを読む

赤松クニユキ 「クリームパン」の制作

 もうそれなりに前になってしまったが、サンダルバッヂで共に活動したヴォーカリスト、赤松クニユキのアルバム「クリームパン」の制作に参加した。  バンドにこだわってきた彼の、記念すべき最初のソロアルバムになった。  僕が担当したのは、ほぼすべての曲のアレンジと、レコーディングやミックスのディレクションである。  赤松の曲作りの良さやクセ、また歌詞で彼が表したいイメージ、というのは恐…

続きを読む

ショパンについて

 HPのほうにショパンに関する文章を上げましたので、こちらに転載致します。どうぞ読んでください。 ●Chopin  ショパンというのは基本的には天才的な作曲家だと思う。  別に天才的な作曲家の曲が必ずしも良いとは限らない。さらに言えば、天才的な作曲家と本当の天才とはまた違う。  あくまでも私の意見だが、本当の天才の作品とは、聴く人間を問わず圧倒してくるような力を持ってい…

続きを読む

ピエール・ブーレーズ

ここ7、8年ほど全くブログは書いていなかったが、前にブーレーズに関する文章をHPの方に上げていたので、それをこちらに転記しておきます。 それなりにちゃんと書いたので読んでください。 ちなみに今後は少しは更新しようとも思い始めてます。 ●Boulez  遅ればせながらだが、ピエール・ブーレーズが死んだ。  訃報を耳にして、やはり改めて自分の中では思い入れがある作曲家…

続きを読む

アルバム制作のこと

 原です。  前にも書いたが、元サンダルバッヂ同士の山野直人とのプロジェクトを進めている。  仕事に追われながらも、空いた時間を使って少しづつ、しかし着実に前には進んではいる。  これまでにこのプロジェクトの為の曲は相当な数を書いているが、二人ともが完全に納得できるもの以外、ボツにしながら曲作りしている。  ボツになる理由はさまざまだが、多いのは「様式のつまらなさ」が最も多い理由…

続きを読む

新しいユニットを結成

 原です。  またまた大変久しぶりです。   報告というとなんですが、新ユニットを作ります。  メンバーは同じ元サンダルバッヂの山野直人と二人でです。  実はこれ、ずっと前からやろうやろうと言っていてなかなか実現できなかったプロジェクトです。もう10年近くも言ってたような気がします。  当面ライヴの予定はなく、とりあえず仕事の合間を縫って、音源制作に専念いたします。…

続きを読む

再開・師匠の死

 原です。  いろいろ理由があってブログを中断していましたが、再開しようと思います。   きっかけになったのは、師匠の死です。  僕は今までたった一人にだけ、音楽を教えてもらったことがあります。  音大の時に2年間、大村哲弥さんという作曲家にです。  その先生が、先日、57歳という若さで亡くなりました。  僕は彼に作曲を習って、初めて「音楽の原理」…

続きを読む

音楽の言語化、ということ

 原です。  基本的に、僕は理屈っぽい方だろうと思う。  僕は、自分の感じたことを言語化したいという気持ちが強い。  ただ当たり前のことだが、全てのことが言語出来る訳がないし、その必要もない。  僕は言語化できなかった何か、というものが一番大事なのだと思っている。  そのために逆にどんどん感じたことを言語化していくのだ。  面白いのは、そうすると言語化でき…

続きを読む

HPを更新中

 原です。  ここのところ、だいぶ長い間滞っていたHPの更新を進めている。  主には、好きな音楽家についてのコラムである、「Music Room」を更新した。  好きな音楽家について書く場合、ただその音楽家への愛情をを書き連ねれば良いというわけでは、もちろんない。  人が読んで、少しでも面白いものにしなければならない。  読んで面白いもの、というのは、基本的な客観性と、研ぎ…

続きを読む

音楽を聴くという行為

 原です。  僕は、何か音楽を聴こう、という時に、何を聴くか、ということを、非常に厳密に自分の感覚に問うて、慎重に決める。  また、それは音楽に限らず、例えば、何の本を読むか?でも、何を食べるか?という場合でも、何の映画を見ようか?というのでも、全て同じだ。  僕は、その時の自分が体の中から欲しているものを、正確に自分に与えたいという気持ちが強い。  理想で言えば、それプラス…

続きを読む

最近好きな作曲家、Unsuk Chin

 原です。    名前は10年以上前から知っている作曲家で、最近聴き始めややハマリ気味の作曲家が、Unsuk Chin(ウンスク・チン)という韓国の作曲家です。  僕が大学の時に師事していたのは大村哲弥さんという作曲家です。  その大村先生の師匠にあたる人が二人いて、一人は世界的にも有名なイサン・ユンという韓国の作曲家、もう一人もやはり同じ韓国のスキ・カンという人です。  ウン…

続きを読む

ガブリエル・フォーレ

 原です。  最近は委嘱作品の作曲に集中している為、ほとんど音楽も聴かないし、ピアノも弾かない。  基本的に本当に集中して作曲する時は、いつもそうなる。  ただこのところ、ただ一つだけ作曲する前にいつも弾いているのがG・フォーレの「小ミサ曲」だ。  僕は自分自身、信仰は持っていないのだが、宗教合唱曲が非常に好きで、よく聴く。  そもそも合唱曲が好きで、その中でも宗教曲という…

続きを読む

サッカーと音楽

 原です。  ワールドカップたけなわですね。  僕はかなりヘヴィなサッカーファンなので、今は大変な時期です。  日本代表は負けてしまいました。非常にがっかりし、なかなかブログを更新する気も起きなかったくらいですが、今はある程度回復しました。  負けはしましたが、僕は中田選手のプレーやその他にあらためて感動しました。  昔から彼のことが好きで、ほぼ毎日HPはチェックしますし、…

続きを読む